ブダベストの夕日
さてタイトルですが、中欧旅行の際に見たブダベストの王宮の丘からの景色が忘れられずにつけました。 趣味の写真とコメントをアップしていく予定です.
プロフィール

長﨑ばってん

Author:長﨑ばってん
FC2ブログへようこそ
 定年退職後写真を趣味として初め、その写真をブログにアップすることを仕事としてきました。
5年続けた他のブログは閉鎖になり、ここFC2に移転することになりました、宜しく願います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



日本名城探訪7 彦根城(金亀城)
日本名城探訪7 彦根城
   所在地   滋賀県彦根市金亀町
                                   城郭     蓮郭式 平山城
                                   天守     望楼型
                                   築城     1604年 井伊直継、直孝
                                   アクセス  JR東海道本線彦根駅から徒歩10分

徳川譜代の重鎮井伊家の居城

 ここ彦根城は徳川家康が西国の抑えとともに、都の守護、また万一の際の江戸へ向かう豊臣軍勢の前線基地として、徳川四天王の1人井伊直政に築城を命じ、直政の死後、直継が他大名の助役をかり、20年の歳月をかけて完成した、戦国の気風が残る実戦向きの城である。
築城当時の城は三重の堀に囲まれていた、今でも二重の堀に一部は囲まれている。天守への道はループ式で、山頂部の曲輪間は堀切や特殊な石垣が築かれていた。とくに太鼓丸と鏡丸の間に堀切は見事で、そこにかかる太鼓橋は櫓とともに天秤櫓といわれている。
天守も築城当時の天守で、破風や華頭窓で飾られた美しさはさすが国宝です。天守からは宿敵石田三成の居城佐和山城を望め、遠くには伊吹山が、また西には琵琶湖の眺めも見られます。
とくに彦根城の特徴は城下に殿様の屋敷があり、その庭からの天守の眺めは素晴らしい、現在は玄宮園として一般に開放されている。

玄宮園からの眺め
15-08-01-7.jpg 

天守の勇姿
15-08-01-4.jpg 

破風や華頭窓の様子
15-08-01-6.jpg 

天秤櫓と太鼓橋の風景
15-08-01-2.jpg 

太鼓橋の下の堀切
15-08-01-1.jpg 

堀越しの彦根城の勇姿
15-08-01-10.jpg 

堀の入口のある佐和山多聞櫓
15-08-01-9.jpg 

城址公園にある井伊直弼の銅像
15-08-01-8.jpg 

天守からの伊吹山の眺め
右手が石田三成の居城がある佐和山
15-08-01-3.jpg


天守から見た琵琶湖
15-08-01-5.jpg

 
スポンサーサイト

日本名城探訪6 姫路城その3 櫓と石垣、土塀
日本名城探訪6 姫路城その3 櫓と石垣、土塀

日は数ある櫓を中心に土塀を入れてアップします、イントロで日本名城の中の有名な櫓をアップしましたが、姫路城だけでも見応えがあります。


百閒廊下にある ヨの櫓
15-07-27-1.jpg 

化粧櫓
千姫が化粧を直したといわれる櫓
15-07-27-2.jpg 


食糧倉庫を兼ねた櫓ロの櫓
15-07-27-4.jpg 

時間を知らせる太鼓があった太鼓櫓
15-07-27-8.jpg 

扇の勾配と呼ばれる石垣
15-07-27-7.jpg 

補強石垣
15-07-27-6.jpg

 
敵の進撃を止める土塀
狭間が見事
15-07-27-5.jpg 

おなじく土塀
上の写真を反対から、この風景が姫路城のビューポイント、奥は残念ながら工事中
15-07-27-3.jpg




日本名城探訪6 姫路城その2
日本名城探訪6 姫路城その2


本日は姫路城にある門のうち有名な門をアップして見ます、但しここ姫路城は名前が一部を除いて“い、ろ、は・・”で表されている

大手門とも桜門ともいわれている
15-07-26-2.jpg 

一番立派な菱の門
15-07-26-3.jpg 

菱の門の奥にある いの門
 15-07-26-4.jpg


いの門の奥にある ろの門
  15-07-26-5.jpg

ろの門の奥にある はの門
15-07-26-6.jpg 

はの門から土塀の間を進むと にの門
15-07-26-1.jpg 

二の丸への入口 ぬの門
15-07-26-7.jpg 
ぬの門を出て三国曲輪への抜け道 るの門
15-07-26-8.jpg 

建物と建物間の門
15-07-26-10.jpg 

おなじく
15-07-26-9.jpg







日本名城探訪6 姫路城(白鷺城)その1
日本名城探訪6 姫路城(白鷺城)その1
所在地  兵庫県姫路市本町
城郭   輪郭式 平山城
天守   望楼型(現存)
築城   1580年 羽柴秀吉、1601年 池田輝政
アクセス JR山陽本線姫路駅から徒歩15分

迷宮のごとき白亜の世界遺産

 本日からは日本名城探訪を再開します、なお本日よりは個別の城単位でアップしていきます。その第1弾は築城当時の天守が存在する城からで、まずは日本の城ベストワンの世界遺産姫路城からです。
ここ姫路城は豊臣秀吉が重臣の黒田官兵衛の祖父の居城を改築し、西への攻撃の拠点とし、次に天下を取った徳川家康が西の防御の拠点にするため、重臣の池田輝政に命じて大改修をさせた城です。天下を取った二人の魂の入った城です。ここ姫路城の一番の見所は迷宮のような曲輪の先に立つ、国内最大天守とそれを渡櫓で結んだ東、乾、西の小天守をもつ、見た身も美しい構造美です。それに天守は総塗り漆喰の白亜の天守と種々の破風で飾られた天守があることです。
その他にも見所は沢山ありますが、なんといっても凄いのが74棟の櫓、門、塀を持っているところです、Ⅰ日見ても飽きない城であることです。今回の名城探訪は見所を中心にした写真をアップします、そこで姫路城は見所が多いので。今日は天守を中心に、明日は門を中心に、明後日は櫓と塀を中心にアップします。

天守のベストショット
ベストショットは個人の好みがある、4つのうち3つの櫓が
15-07-25-10.jpg 


三の丸公園から
この天守は修理完了の天守
15-07-25-4.jpg 

三国曲輪から桜咲くとき
15-07-25-3.jpg 

同じ風景を
但しこの天守は修理後
15-07-25-5.jpg 

二の丸からの天守
手前はお菊の井戸
15-07-25-7.jpg  


上記をアップすると
新装なった天守
15-07-25-9.jpg 

西の丸からの天守
15-07-25-1.jpg 

化粧櫓の下から
この角度が時代劇でよく使われる風景
15-07-25-6.jpg 

料金所からの風景
15-07-25-2.jpg 
最後に新しく名所になった姫路駅展望台から
15-07-25-8.jpg



































関西花の寺25ケ寺霊場巡礼 第15番 高雄山 岩船寺
関西花の寺25ケ寺霊場巡礼 第15番 高雄山 岩船寺
京都府木津川市加茂町岩船上ノ門43
アクセス JR関西本線加茂駅からバス15分

紫陽花の寺

 ここ岩船寺は当尾の石仏めぐりで有名な京都府木津川市加茂町の当尾の里にある古刹です、開基は古く聖武天皇が行基菩薩に命じて、阿弥陀堂を建てさせたのがはじまりとされる。最盛期には広大な境内を所有し、40近い坊舎があったそうですが,承久の乱の兵火で堂塔の大半は焼失し、その後も兵火に遭い荒廃するが徳川家康、秀忠の寄進により本堂や仏像が修復される。
寺はJR関西本線加茂駅からバス15分のところにあり、先にアップした浄瑠璃寺はここから山を下ること15分のところにあります、浄瑠璃寺への下る山道では笑い仏や唐臼の壷をはじめたくさんの石仏に出会います。
さて花の寺としての岩船寺ですが、一番有名なのがアジサイですが、秋の紅葉風景も見逃すことはできません、そんなわけで青モミジの中の紫陽花はみごとです。
ところで境内の伽藍の紹介が遅れましたが先に書きましたように、兵火で焼失しているため伽藍は少なく、狭い境内に本堂、三重塔、十三重塔、五輪塔があるぐらいです


青モミジの中の山門
15-07-18-1.jpg 

中から見た山門
15-07-18-6.jpg 

青葉の中の本堂
15-07-18-3.jpg 

おなじく三重塔
15-07-18-2.jpg 

あじさいと五輪塔
15-07-18-8.jpg 

地蔵堂と石室不動明王立像
15-07-18-7.jpg 

紫陽花の咲く風景
15-07-18-9.jpg 

青葉の中の十三重塔
15-07-18-11.jpg 

青モミジの中の白山神社と春日神社
15-07-18-10.jpg 

花の寺らしい花 ミヤコワスレ
15-07-18-5.jpg