ブダベストの夕日
さてタイトルですが、中欧旅行の際に見たブダベストの王宮の丘からの景色が忘れられずにつけました。 趣味の写真とコメントをアップしていく予定です.
プロフィール

長﨑ばってん

Author:長﨑ばってん
FC2ブログへようこそ
 定年退職後写真を趣味として初め、その写真をブログにアップすることを仕事としてきました。
5年続けた他のブログは閉鎖になり、ここFC2に移転することになりました、宜しく願います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



日本神社探訪 神社ってどんなところその4 摂社・末社にいる様々な神
日本神社探訪 神社ってどんなところその4

摂社・末社にいる様々な神


 摂社・末社とは神社本社とは別に、その神社の管理に属し、その境内又神社の付近の境外にある小規模な神社のことです。摂社・末社には一般的には摂社はその神社の祭神と縁故の深い神を祀る神社、末社ははそれ以外とされ、格式は本社、摂社、末社の順のようです。本日は最近訪問した神社の摂社・末社をアップします。


北野天満宮の摂社地主社
天津神(天照大神、月読命、須佐之男命)、国津神(大国主命)が祭神
16-04-30-2.jpg 

おのころ神社の八百萬神社
16-04-30-7.jpg

 
御香宮神社の天満宮
菅原道真公
16-04-30-4.jpg 

住吉大社の楠珺社
祭神 宇伽魂命
16-04-30-8.jpg 

生田神社の生田森坐神社
祭神 神功皇后
16-04-30-1.jpg  

呉服神社の恵比須神社
祭神 えびす様
16-04-30-9.jpg 

大鳥神社の大鳥波比神社
大鳥五社の1つで祭神は大国主命
16-04-30-10.jpg 

下賀茂神社の河合神社
16-04-30-6.jpg 

岸城神社の戎社
16-04-30-5.jpg 

今日の一枚
末社の連社
16-04-30-3.jpg

スポンサーサイト

日本神社探訪 神社ってどんなところその3 社殿は神の棲むところ
日本神社探訪 神社ってどんなところその3

社殿は神のすむところ

 本日は社殿についてアップします。社殿というと神の居場所を示す本殿を指すことが多い。しかし参拝者が参拝する拝殿や神に幣帛(供物)をささげる幣殿、また舞を奉納する舞殿も社殿といわれる。ところで本殿の建築様式は多様で、大社造、神明造、流造、春日造、権現造、八幡造、大鳥造等ありますが、本殿には人が立ち入ることはできない神域です。そのため垣を張り巡らし、外界と遮断しています。そのため写真はめった取ることはできません。そんな中珍しい社殿を含めアップします。

島根 日御碕神社の本殿
本殿は左手で、権現造
16-04-23-1.jpg 

京都 石清水神社の本殿
中央が本殿で八幡造
16-04-23-2.jpg 

兵庫 西宮神社の本殿
三春日造,千木が見事
16-04-23-3.jpg 

兵庫池田 伊居太神社の本殿
三社造
16-04-23-4.jpg 

京都 御香宮神社の本殿
五間流造
16-04-23-5.jpg 

奈良 円成寺の白山堂
春日造
16-04-23-6.jpg 

和歌山東照宮の拝殿と本殿
本殿が顔を見せない
16-04-23-7.jpg 


大阪 岸城神社の本殿
本殿より拝殿が大きい
16-04-23-8.jpg 

兵庫淡路島 おのころ神社 摂社八萬神神社の本殿
珍しい
16-04-23-9.jpg 

今日の一枚
見たかった出雲大社の本殿
16-04-23-10.jpg



 


日本神社探訪 神社ってどんなところその2 鳥居は神域への入口
日本神社探訪 神社ってどんなところその2

 鳥居は神域への入口

 本日は鳥居についてです。鳥居は神社入口 参道に立ち 神域を示すものです。古代ギリシャや中国、韓国の門が伝わったなど諸説があります。基本的には2本の柱と横木からなる簡素なものですが部材、個々の形の組み合わせ方が多岐にわたります。
しかし鳥居のデザインは2種類に大別されます。その分類は島木なしの神明系と島木ありの明神系に区別されます。ちなみにいろいろ説がありますが三大鳥居は①.吉野銅の鳥居、②、安芸の宮島 朱色の鳥居、③、大阪四天王寺の石の鳥居だそうです。ところで大きさで行けば①.京都平安神宮の赤鳥居 24m、②.淡路島おのころ神社の大鳥居、 21.7m、③.安芸宮島 厳島神社の朱色鳥居だそうです。神社でない鳥居があるが

奈良県吉野金剛山寺の銅の鳥居
16-04-16-1.jpg

安芸の宮島の朱色の鳥居
台風で壊れ修理中、こんな風景みられるのも貴重
16-04-16-2.jpg 

大阪四天王寺の石の鳥居
16-04-16-3.jpg 

京都平安神宮の赤鳥居
16-04-16-4.jpg 

兵庫淡路島おのころ神社の大鳥居
16-04-16-5.jpg 

京都伏見稲荷の鳥居
16-04-16-6.jpg 

三重油日神社の色が剥げた鳥居
16-04-16-7.jpg 

京都愛宕神社の両部鳥居
16-04-16-8.jpg 

奈良橿原神宮に古色蒼然とした鳥居
16-04-16-9.jpg 

今日の一枚
京都御所九条池にある厳島神社の破風鳥居、平清盛が創建
16-04-16-10.jpg


日本神社探訪 神社ってどんなところその1
日本神社探訪 神社ってどんなところその1

神社に何がある

 本日よりは米澤貴紀氏の著者“神社の解剖図解”にもとずき、私なりの編集で神社を写真で紹介します。まず神社ってどんなところその1として、神社には何があるかを京都府京都市伏見にある御香宮神社を使って説明します。
まずは神社には鳥居、門、社殿、塀、垣などの建屋があります。社殿には拝殿や本殿、また摂社、末社があります。なお本殿には祭神が祀られています。ここ御香宮神社は宮ですので、祭神は神功皇后が祀られています。そのほか忘れてならないのが参道の脇にある灯籠や狛犬(その他の動物)の阿吽の像です。

自動車道を跨ぐように立つ鳥居
16-04-09-1.jpg 

伏見城の大手門を移設
16-04-09-2.jpg 


見事な拝殿
16-04-09-3.jpg 


垣で囲われた本殿
16-04-09-4.jpg 


拝殿前には灯籠と狛犬

16-04-09-5.jpg 


摂社である松尾社
16-04-09-6.jpg 

連結式末社

16-04-09-7.jpg 


見事な絵馬堂

16-04-09-8.jpg 


境内の風景

16-04-09-9.jpg 


今日の一枚

名前の由来になった御香水の涌く井戸
16-04-09-10.jpg






日本神社探訪 イントロ
日本神社探訪 イントロ

 本日よりは“日本神社探訪”をアップしていきます。今までは神社仏閣を一緒にしてきたが、昨年1年間“古事記や日本書紀”を読むことで神社の面白さがわかったので、少し日本の神社を尋ねました。その神社の様子をアップしていきます。
まず神社とは日本の土着宗教である神道の祭紀施設とのことだそうです。この神社には、昔から神格というものがあって国から援助を受けていたようです。古くは延喜式式内社、中世では一の宮、二の宮、三の宮、近世では近代社格制度、この近世社格制度はGHQに廃止されたようです。今はその名残として“別表神社”と呼ばれる区別されているようです。
全国には約8万5千の神社があるようです。そこで本日は社号の神宮、大社、宮の違いを書きます。神宮は皇室の祖先神や天皇を祀る神社、大社とは明治維新前は出雲大社のみが大社で、戦後旧官幣大社や旧国幣大社が大社格の神社として大社を名乗った。宮は基本的には皇室にまつわる人を祀る神社といわれている。ただ一つ例外は徳川家康を祀る東照宮です。

出雲大社
大国主大神、出雲の国の一の宮
16-04-02-1.jpg 

気多大社
大己貴命、能登の国の一の宮
16-04-02-2.jpg
伊勢神宮
天照御大神
16-04-02-3.jpg

橿原神宮
桓武天皇、官幣大社
16-04-02-4.jpg 


伏見稲荷大社

稲荷大神、旧官幣大社
16-04-02-5.jpg 


赤間神宮
安徳天皇、官幣大社
16-04-02-6.jpg 


鶴岡八幡宮
応神天皇、旧国幣中社
16-04-02-7.jpg 


太宰府天満宮
菅原道真、旧官幣中社
16-04-02-8.jpg 


厳島神社
宗像三女神 安芸の国の一の宮
16-04-02-9.jpg 


今日の一枚
和歌山東照宮
徳川家康、徳川頼宜
16-04-02-10.jpg